50代の妻が「夫と話したくない!」と悩むその背景と解決策は?

50代の妻の悩み、「夫と話したくない」。

会話のない夫婦二人の生活に、旦那が嫌いで仕方ない、夫と話したくないという気持ちになってきます。

『こんな気分で毎日を過ごしたくない・・・』

『いっそ離婚してしまおうか・・・』

その感情の背景と解決策を考えてみました。

関連記事『50代で旦那と離婚と我慢の間でお悩みの方』

旦那(夫)が嫌いで仕方ない50代(熟年)の女性!離婚は早まらないで!

旦那(夫)嫌いで悩み続けた60代熟年の妻が最終的に選択した事は?

50代妻「夫と話したくない」その背景とは

夫婦生活も数十年経ち、子供たちも独立した。

夫婦2人の生活になり、改めて今までの会話の話題、きっかけは子供だったことに気が付きます。

そんな子供が家を出て、就職や結婚で、自立してしまうと、夫婦二人の会話のない生活が苦痛に感じるようになります。

『夫が嫌い!』

『夫と話したくない』

そもそも、あなたと夫の会話は弾んでいましたか?

子供たちが居たころから、子供の話題以外で、趣味などの話をしていましたか?

おそらく、していなかったのではないでしょうか?

妻の意識や関心は、自然と子供の事が中心になります。

では、夫の関心は、どこに向かっていましたか?

結婚、子供の誕生、育児、子供の成長、子供の進学、子供の就職、子供の自立。

その過程で、妻は夫が家庭でどういう立場でいて、どんなことに関心があり、どんな趣味があったのか、目を向けていましたか?

夫は、いくつになっても、中身は子供とあまり変わらないと、私は個人的に思っています。

妻が子供ばかりに目を向け、子供中心の生活に、一抹のさみしさを感じ、すこし不貞腐れた気分で過ごしていませんでしたか?

仕事にのめり込むか、何か特定の趣味に没頭するなど、妻から見ると『そんなくだらないことにこだわって、意味がわからない』

つまり、結婚後から、特に子供が産まれてからは、夫婦の向かっている方向、見ているものは全く違うものだったのだと思います。

だから、会話のネタがない、共通の話題がないのは、当然のことのように思います。

スポンサーリンク

夫はどう思っているのか?

一方、夫はどう感じているのでしょう。

おそらく、夫である自分に『妻は無関心。』『興味なんてないだろう。』『関心のあるのは子どもの事だけ』と、感じ続けていると思います。

だから、夫は妻と、『話したくない』『会話がない』『共通の話題がない』など、

おそらく、まったく悩んでいないと思います。

それでなくても、大多数の男性は女性に比べると鈍い部分があります。

今までも、休日に夫を放置しておいても、マイペースな過ごし方をしていませんでしたか。

夫は妻との空気に全く悩んでいないのです。

スポンサーリンク

『夫と話したくない』気持ちは50代妻の意識しだい

子供の自立をきっかけに、今まで子供の影に隠れて見えていなかった夫の存在が、やっと見えてきたのです。

夫と話したくないという感情は、妻の意識の変化が原因ではないでしょうか。

子供の成長を見ることは、ワクワクします。

しかし、夫はあとは老いるだけで、ワクワクしたり、楽しいとは言えません。

つまり、50代妻の『夫と話たくない』という感情は、

  • 妻が夫との関係に戸惑っている。
  • リタイヤ後の人生の過ごし方への迷い

なのではないでしょうか。

『夫と話したくない』感情の解決策は

解決策は、なんと言っても、まずは話し合うことだと思います。

夫婦二人で過ごす方もいれば、親の介護問題がからむ場合もあります。

状況に合わせた今後の過ごし方、方向性を夫婦で一度は話し合いましょう!

最初は、あいさつや天気、気候の話を何気なくすることから始め、

ゆくゆくは、

「今後、私はこう過ごしていきたい」

「私はこれから、興味があったこの分野のことに取り組んでみたい」

「あなたは何かしたいことはあるの?」

など、という前向きな話に発展するかもしれません。

お互いがそれぞれの進みたい方向性を共有し、理解しあえると、明るい毎日を過ごせるかもしれませんね。

旦那と一緒の時間を削って、自分が楽しみながらスッキリする時間に変えてみませんか?

通うなら安心のホットヨガ専門スタジオ「LAVA」

ホットヨガで心も体もスッキリ! 

ホットヨガ専門スタジオ「LAVA」はこちらをクリック

スポンサーリンク